イヌやネコとのコミュニケーション

2018/12/28
ペットまめ知識

今日は、イヌやネコとのコミュニケーションを促進するジェスチャーについてご紹介します。

「Animal Cognition」に発表された新たな論文によると、

人(生活を共にしている)に自分の要望を伝えるため、

イヌは少なくとも19種類のジェスチャー(身ぶり)を使いこなしていることが

明らかになりました。

たとえば前足でつついたり、首をかしげるというジェスチャーの組み合わせは、

「外へ行きたい」と解釈でき、食べ物を要求するための組み合わせも存在するとのことでした。


<For Your Reference>

▽16 Useful Clues To Understand Your Dog Better

https://www.youtube.com/watch?v=Svj_nFUZa9g


▽How To Understand Your Cat Better

https://www.youtube.com/watch?v=Xz6yBbBRr8Y

【字幕ボタン】を押すことで、字幕のON/OFFの切り替えができます。

表示させたい言語を変更する場合は、【右側の設定ボタン】⇒【字幕】⇒【自動翻訳】⇒

【日本語】で表示できます。


予備的な調査では、「大人数の人間と暮らしているイヌは、より多くのジェスチャーを

発達させる」とのことで、ジェスチャーの数が変わる可能性も示唆されています。

この研究から、霊長類以外の種が、別の種にジェスチャーを用いるということを示すことから

人間の言語の進化においても極めて重要な証拠になると考えられています。

ジェスチャーを通じて気持ちが通じ合えば、ワンちゃん、ネコちゃんとの生活は

より楽しいものになるかもしれません。


ワン旅で、ワンちゃんとネコちゃんと

どんなお正月を迎えられますか。

これまで読んでいただきましてありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。