バイオファブリケーション

2019/05/10
ペットまめ知識

MIT Technology Reviewより2019年度ブレイクスルー・テクノロジー10

ビル・ゲイツ氏が考える”未来を発明する方法"という記事を見つけました。

取り上げられているテクノロジーは、器用に動くロボット、早産児の予測、

ピル型腸検査装置、オーダーメイドのがんワクチン、牛のいらないハンバーガー、

二酸化炭素回収装置、手首に装着する心電計、下水管の必要のないトイレなどです。

テクノロジーの歴史における布石となるものとは。

この中でも、今日は、”牛のいらないハンバーガー”に関連する

バイオファブリケーションについてご紹介します。


< For Your Reference >

▽Leather and meat without killing animals

https://www.ted.com/talks/andras_forgacs_leather_and_meat_without_killing_animals/transcript

Subtitlesを日本語に変更できます


国連の予想では、2050年までに世界の人口は98億人になるといわれています。

2050年までには、増加した人口に肉や乳製品、卵や皮を提供するためには、

1,000億頭の動物を飼育する必要があります。

もしも違う方法があったのならどうでしょう。

Andras Forgacs氏が、生体培養によって作り出す新たな方法を紹介しています。


今週末どちらへおでかけされますか。

素敵な週末をお過ごしください。